トイレのつまり

トイレの詰まりを放置したら直る?放置するデメリットは?

2018/06/24

 

「トイレがなんだか少し詰まってる様だけど、そのまま放置したら直るの?」

「トイレの詰まりはどんな物なら放置しても直るの?」

「トイレが詰まって放置してはいけない物が詰まったら、どうしたらいいの?」

トイレに何らかの異物が混入してしまい、詰まりが発生したのか水の流れが悪くなっていたりすると、誰でもそのうち直るだろうと、現実から目を背けたくなる事はあるかと思います。

たしかにトイレで詰まりが発生した場合には、実際の所そのまま放置しておけば症状は改善する場合もあります。
でもそのまま放置したせいで便器を取り外しての大がかりな修理が必要となって、その費用も数万円になると言う事も!

こちらの記事では、トイレで詰まりが発生した場合に詰まりをそのままにしたら直るのかどうかについて、その状況に応じての対策を、そして業者に依頼した場合の費用についてもご紹介していきましょう。

トイレの詰まりが発生して、そのまま放置しても直るのか、それとも何かしら対処した方が良いのかとお悩みの方は是非参考にしてみて下さい。

それではどうぞ。

トイレに何かが詰まったときに、放置したら直る場合はどんな時なの?

トイレで詰まりが発生したときに、放置したら直る場合はどんな時かを考えるときには、まずそもそも詰まりの原因となっている物がなんなのか確認する必要があります。

つまりの原因となるケースとしては、「大量のティッシュペーパーを流した」「生理用品を流した」「ペットシートを流した」「洗剤のキャップを流した」などさまざまなケースがあるかと思います。
それらの中でも放置して直る可能性が高いのは、水で溶ける素材で出来ているトイレットペーパーが詰まっている場合です。

トイレットペーパーなどは、一時的に大量に排水口に投入して流すと、便器の中でトイレットペーパーが引っかかり、それが原因となって詰まりを引き起こしてしまいます。
トイレットペーパーの場合なら、基本的には水で溶ける素材で出来ているので、時間の経過と共に自然に溶けていくので、途中で詰まっていたとしても自然に詰まりは直る可能性は高いと言えます。

基本的に詰まりを放置しても直る可能性が高いと言えるのは水に溶けるトイレットペーパーだけで、トイレットペーパーを大量に入れた直後から水の流れが悪くなったなどの場合なら、放置しても治る可能性は高いでしょう。

トイレに何かが詰まったときに、放置しても直らない場合はどんな時なの?

同じ紙類でもやっかいなのがナプキンなどの生理用品で、最近の生理用品は吸水性を高めた製品が多くなっていることもあり、水を含むと膨らむ性質があります。
そのために一度便器の中で詰まってしまうと、中々放置しても自然に直る可能性は低く、自力で対策を取るなり、専門の修理業者に依頼するなりの対策が必要です。

また水に流せるという名前で発売されているペットシートや猫砂に関しても、一度詰まってしまうと水を含んで膨れてしまい、水には溶けないためにそのままになり自然に直る可能性は低くなります。
そういったケースにおいても、何らかの対策をとるか専門の修理業者に依頼した方が無難でしょう。

中に入れた物が携帯電話やスマートフォン、こどものおもちゃ、時計、洗剤などのキャップなどの固形物をうっかり便器に落としてしまうこともあります。
こう言った固形物を落としてしまったときには、ゴム手袋などをして直接取り出しが出来ない時以外には、絶対にそれ以上は無理をせずに専門の修理業者に依頼するようにしましょう。

詰まったままの状態を放置しておくと、どんなデメリットがあるの?

ここまでご紹介してきた通り、基本的にはトイレットペーパー以外の物が中に入った時には、そのまま放置しても直る可能性が低いために、何らかの対策が必要となります。
でもそんな詰まった時に、その状態のままで放置しておくとどんなデメリットがあるのかについてご紹介してみましょう。

ラバーカップなど軽度の処置で直る場合と直らない場合がある!

詰まったまま放置しておくと、紙類などの場合には便器の排水口付近にとどまって詰まったままになる可能性が高くなります。
そう言った場合になると、専門の業者に頼まないとなかなか問題は解決できなくなりますが、このケースであればラバーカップやワイヤー式パイプクリーナーなどを使っての作業になります。
これらの作業で解決できれば大がかりに便器を取り外しての作業は必要なく、詰まりを解消できる可能性は高くなります。
しかし固形物などの場合にははじめから便器の取り外しての作業になる可能性が高く、費用もそれなりに掛かってしまいます。

便器を取り外しての大がかりな工事になる!

もし詰まった状態をそのまま放置しておくと、水を流していく内に詰まっている箇所が、初めのうちは手前の方にあるので、簡単な処置で直る場合もあります。
しかし放置しておくと、詰まっている箇所が段々と奥まで入って言ってしまったり、詰まっている箇所が原因となり、さらに別の物が詰まったりする危険が高くなります。

そうした場合には、便器の排水口からの処置では修理が出来なくなってしまい、便器を取り外しての処置になるために手間もかかり特殊な機械を使用しての作業となるために、修理代金も高くなってしまいます。

こんなことになっては大変な事になるので、詰まりの状態を放置しておくと、このようなデメリットがあると言う事を良く覚えておきましょう。

最悪の事態だと下水管の交換まで必要になる!

また便器の取り外しの作業だけで済めば良いですが、場合によっては便器の排水口からさらに先の下水管付近での詰まりになると、外の下水管を掘り直しての工事となります。
下水管の長さもその家庭によって長さが違うので、修理代金もまちまちではありますが、重機を使っての土の掘り起こしなどを行って下水管の交換作業を行う事になります。

そんなことになると、修理代金はかなりの費用が掛かることになるので、そんな事にならないように、こう言ったケースにおいては放置せずに専門の業者に修理を依頼しましょう。

マンションで詰まりを放置しておくとどんなデメリットがあるの?

一戸建ての家の場合には、トイレの詰まりは自分の家だけの問題で済みますが、マンションやアパートなどの集合住宅の場合には、トイレの配管を共有しているために自分だけの問題では済まなくなります。
特に高層住宅の高層階で生活している家庭の場合になると、1つの場所のトイレや他の排水の詰まりなどが発生すると、下層階すべてに影響を及ぼしてしまう可能性が出てきます。

たかがトイレの詰まりと安易に考えていると、一戸建ての住宅とは違いマンションなどの集合住宅の場合には、取り返しの付かないことになる場合もあります。

トイレの詰まりを放置しておいた場合、専門の修理業者に依頼すると費用はどうなるの?

トイレの詰まりを放置してしまった場合、結局仕方なく専門の修理業者に修理を依頼する事になれば、やはり誰でも不安になるのが、修理代金がいくら掛かるかと言う事になるかと思います。
そんな気になる修理代金について、それぞれの状況に応じて対応も違ってくるので、その状況に応じた対応別での料金をご紹介しましょう。

ラバーカップなど軽作業で詰まりが解消した場合の費用は?

トイレの詰まりを放置しておいた場合でも、つまりの原因となる物がトイレットペーパーや紙類であれば、それほど高い費用も掛からないで修理できる可能性があります。

具体的な処置内容としては、ラバーカップや真空ポンプクリーナーなど吸引して詰まりを除去する道具を使っての作業が主になります。
詰まりの状況に応じてはワイヤー式パイプクリーナーを使い紙類の詰まりをほぐしてから、ラバーカップなどとの併用での修理を行う事もあります。

こう言った作業を行った場合の費用の目安としては、基本的な技術料として5,000~8,000円ほどの費用が掛かり、これに加えて出張料が2,000~4,000円ほどかかります。
両方を合計すると、7,000~12,000円ほどの費用が掛かることになるでしょう。

便器を取り外しての作業になった場合の費用は?

トイレの詰まりを放置した場合、詰まっている物がそのまま放置しておいたことによって、奥の方に入っていってしまい、簡単な処置では詰まりを解消できなくなる場合も出てきます。
そうなった場合の対処方法としては、便器を一旦取り外して排水口から高圧洗浄機を使用しての除去作業や、業務用のワイヤー式パイプクリーナーなどを使用しての作業となります。

便器を取り外しての作業を行った場合の費用は、一戸建ての住宅での場合だときの基本的な技術料が15,000~20,000円ほどに、出張料が2,000~4,000円ほど加算され、合わせて17,000~24,000円ほどとなるでしょう。

一戸建てではなく店舗やマンションなどの場合、便器を取り外しての詰まり除去作業の場合の費用としては、技術料金が35,000~50,000円ほどの費用となります。
これに出張料が2,000~4,000円加算されるので、合計では37,000~54,000円ほどの費用になります。

下水管の交換が必要となった場合の費用は?

便器を取り外して高圧洗浄機を使った場合の処置を行った場合でも、便器の排水口からその側の下水まで接続されている下水管の途中などで詰まっていると、配管が長い場合など取れきれない場合もあります。
そうなると外の下水に接続されている下水管の途中の部分を掘り起こして、下水管の交換をしなければならなくなります。

下水管の長さはその家庭によってかなり違いがあり、至近距離で接続されている場合もあれば、敷地内をかなりの長さで接続されていることもあります。
それだけに費用もその過程の現場の状況によって全く変わってきてしまうために、まずは修理を依頼したら、現場をよく見てもらい一度正式な見積もりの提出をしてもらってから作業を進めてもらいましょう。

おすすめの水道業者はこちら

当サイトおすすめの水道会社は「水道の緊急トラブル対応【水道修理屋】」です。

おすすめのポイント
・基本料金+作業料のコミコミで7000円~で業界最安値を掲げる

・現地見積もり・出張費・追加請求すべて0円

・年間3万件の実績

・電話連絡から最短15分で駆けつける

・全国が対応エリア

・365日24時間対応可能


水トラブル修理までの流れ

トイレ広告の流れ

最短で15分で駆けつけてくれます。

詳しくはこちらよりどうぞ。

水道の緊急トラブル対応【水道修理屋】の公式サイトを見てみる
トイレ広告

まとめ

「トイレの詰まりを放置したら直る?放置するデメリットは?」についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

今回ご紹介したように、トイレの詰まりが起きたときに直ぐに対処しておけばそれほど大事に何ら無かったのに、放置しておいたために、大がかりな工事が必要になって修理代の負担も大きくなる可能性が高くなります。

それだけにトイレットペーパーなど本当に水に溶けるような物の軽い詰まりの場合を除いては、詰まりが発生したら放置せずに、早めに専門の業者に修理を依頼するようにしましょう。



-トイレのつまり
-, ,