台所シンクのつまり

台所のシンク下のパイプのつまり。解消方法を解説

2018/06/24

 

「最近台所の排水溝の流れが悪くて困ったなー!」

「シンクの下のパイプが詰まって、洗面台が水で一杯になっちゃったー!」

「シンクの下のパイプが詰まった時って、自分で修理できるの?」

「シンクの下のパイプが詰まった時、自分で直せない時にはどうすればいいの?」

こんなことであなたはお困りでは無いでしょうか?

毎日必ずと言って良いほど台所を利用している家庭では、食事の後の後片付けの時の油汚れや食べ残しや料理後のカスが、排水溝に流れていくためにどうしても詰まりやすくなります。
なんとなく水の流れが悪いなーと気付いたときには、実は既に詰まり書けている証拠で、そのまま放置しておいて完全に詰まってからでは直すのが非常に大変になってしまいます。
台所のシンク下のパイプの主なつまりの原因としては、食品カスやキャベツ・つまようじ・キュウリといった、野菜の切れっ端などが知らずに流れ込んでしまう事が考えられます。
今回はそんな台所のシンク下のパイプのつまりが発生したときの解消方法について、ご紹介しましょう。

目次

キッチンの排水溝はどんな構造になっているの?

普段シンクの中の排水溝って見る機会はほとんどないので、そもそもどんな構造になっているか知っている方はほとんどいないと思います。
しかしこのキッチンの排水溝の構造を良く理解しておかないと、シンク下のパイプのつまりが発生したときに対処するにも、どうしたらいいのかさっぱりわからなくなってしまいます。
まずはシンク下のパイプが詰まった時にも対応できるように、キッチンの排水溝の構造を理解するところからはじめていきましょう。

キッチンの排水タイプの種類は?

シンクの扉を開いて中に入っている物を取り出して、よく排水溝がどのようになっているのかを観察してみましょう。
シンクの下には排水パイプが通っていて、この排水パイプを通って排水された水が下水管へと流れていく仕組みになっていて、排水パイプは硬い塩ビ管で出来ている場合もあれば、柔らかい素材のジャバラホースで出来ている事もあります。
どちらのタイプかによって詰まった場合の対処法も変わってくるので、よくシンクの下を覗いて確認しておきましょう。

塩ビ管のタイプとジャバラホースの排水管の違いは?

シンクの排水パイプには、塩ビ管のタイプとジャバラホースのタイプがあるとご紹介しましたが、一戸建ての住宅の場合のほとんどはジャバラホースが採用されていて、ホースの先端が排水口に差し込まれた状態になっています。
差し込まれただけの状態だと何かの拍子に外れて、床が水浸しになってら大変なので、マンションなどの集合住宅などでは、他の階へ影響がおよばないように排水管と直接接続された塩ビ管タイプが採用されています。
最近は洗面所などによくみられるS字トラップが取り付けているタイプがあり、トラップの途中が脱着できるようになっていて、掃除口が付いている便利なタイプも出ています。

排水溝の構造は?

次に排水溝の構造について確認していくと、一番上から目皿と呼ばれているフタがあって、スプーンや食器などがゴミ受けに入らないようにするために取り付けてあります。
次に大きなゴミや野菜カスなどが排水管に流れていかない様に、ステンレスやプラスチックや銅などで出来ている取っ手の付いた排水バスケットがあります。
排水バスケットも普段からきれいにしておかないと、食べかすや野菜くずが腐敗してしまい、雑菌が繁殖して悪臭を発生させる原因となってしまいます。
次にお椀を逆さにしたような形をしたプラスチック製の椀トラップという部品が取り付けてあり、この部品は排水管からの悪臭が上がってくるのを防ぐ目的で取り付けてあります。
一番下がトラップ本体になっていて、このトラップには一部の水が流れないで常にたまったままの状態になっているのが正常で、ここに水がたまっていなかったりかなり少ない状態だと悪臭がしてしまいます。
こう言った構造になっていると言う事を、普段から排水溝のメンテナンス等の時に分解してみて、作りを理解しておくと、万が一の詰まりの時にも対応しやすくなります。

排水溝のつまりの原因は?

新築の家やキッチンのリフォームしたばかりの家庭なら、当然こういった排水パイプは汚れも全くなくてきれいですが、年数が5年、10年と経過していくと、排水パイプも長年の汚れが蓄積されていきます。
この汚れの主な原因となるのが、シンクの排水パイプに流す食材の油や、食器用の洗剤カスや食材カスなどです。
こう言った汚れが排水パイプに層になってこびりついていき、排水管の通りが少しずつ狭くなっていくために水の通りが悪くなって、詰まりを引き起こしてしまいます。
また意外に多いのがつまようじ・竹串・調味料のキャップ・ビニールの小袋・ラップの切れ端・小さなスプーンなど、つまりの原因となるものはたくさんあります。
油や洗剤カス以上に固形物の場合は、排水管の途中で詰まったりすると取り除くのが難しくなってしまうので、うっかり流してしまうのには要注意です。

排水溝の詰まりの場所は?

排水溝が詰まりやすい場所としては、主にトラップやL字の曲がりの部分などが特に詰まりやすい箇所で、本来は悪臭を防いだり虫の侵入を防ぐ目的で取り付けてあります。
しかしそれと同時に曲がりくねった作りのために、どうしても食材の油や、食器用の洗剤カスや食材カスや、つまようじなどの小さな固形物などが詰まりやすくなってしまいます。

排水溝に流してはいけない物は?

排水溝に流してはいけない物がいくつかあり、知らないで流しているとつまりの原因となり、中には普段あまり意識していない物も含まれているので、これを機会によく覚えておきましょう

野菜クズや食べ残しや小さな固形物

毎日食事の準備や後片付けでキッチンを利用していれば必ず野菜クズや食べ残しは出てくる物で、洗い物をしているときなどは「少しくらいなら大丈夫だろう」と思い、排水に流していませんか?
しかしこれが日常的に行われていると、排水パイプに少しずつこびりついていって、排水管の通りが段々と狭くなってしまうので水の通りが悪くなり、最終的には詰まりや悪臭の原因となってしまいます。
特に注意が必要な物に、つまようじや竹串、調味料のキャップなどの小さな固形物で、排水管の途中で引っ掛かると、直後は水が流れていても時間が経過して汚れが溜まり、排水管の詰まりにつながることがあります。
通常なら排水バスケットに引っ掛かる様な物でも、排水バスケットやと椀トラップの掃除をしている時にうっかり流しやすいので十分に注意しましょう。

おすすめ生ゴミ処理機

毎日食事の準備か片付けの時には、必ず野菜クズや食べ残しが出てしまいますが、その後始末もなかなかたいへんなものですよね。
そんな後片付けを楽にしてくれる便利な道具に生ゴミ処理機があり、本体に生ゴミを投入すると簡単に短時間で処理してくれる大変便利なアイテムです。

「パナソニック生ごみ処理機MS-N23」

本体は幅2.68㎝×奥行き36.5㎝のコンパクトに作られているので、置き場所にも困らず狭いキッチンに置くことも出来て、すっきりと収まるるので料理や水仕事の邪魔になりません。
生ゴミが出るたびにその都度投入できて、1日分の生ゴミが溜まったところでタイマーのスイッチを入れておけば、寝ている間にさらさらに変身しています。
生ゴミの体積の80%が水分と言われていて、温風を使いその水分を乾燥されることで除菌脱臭して体積を約7分の1の乾燥物にします。
3人家族1日分の生ゴミを約400グラムとすると、処理に要する時間はおよそ100分で、ランニングコストも1回当たり16円と大変経済的に出来ています。
前日の処理物の上にそのまま翌日の生ゴミを投入して処理できるので、中の容器がいっぱいになるまでおよそ2週間分をためておくことができます。
この生ゴミ処理機があれば野菜クズや食べ残しもきれいに処理することが出来るので、排水溝が詰まってしまう心配も無用になりますね。

揚げ物に使用した廃油や油汚れ

野菜クズや食べ残しなどは、つまりの原因となる事はほとんどの人が認識しているかと思いますが、意外に揚げ物に使用した廃油や油汚れなどを平気で排水溝に流している人も居るようです。
でもそもそもどうして油を排水溝に流しはいけないのかご存知でしょうか?
油は流したときには液体ですが、時間が経過して冷えると固まる性質があるので、知らずに流していると排水管の中に付着したり、ゴミ受けの網目を塞いだりします。
直接油を流したりしていなくても、常に使用しているフライパンなどにはかなりの油が付着して残っているので、そういった油が知らずに排水溝に流れててます。
そのまま下水に流れていけば、川や海に流れていけば環境汚染につながってしまい、生物にも影響を及ぼしかねないので、流してはいけないのですね。

おすすめ油クリーナー

台所のシンク下のパイプの詰まりの原因となる揚げ物に使用した廃油や油汚れですが、これを限りなく有効活用できるグッズに油クリーナーがあります。

「パナソニック天ぷら油クリーナーレッツフライTK-CT10」

レッツフライは、簡単に言うとフィルター付きのオイルポットで、交換が出来るカートリッジで調理後の油をろ過すると、油の色や臭いを取り除いてくれる機能があります。
カートリッジ1個で約10回ろ過することが出来て、本体は6,000円ほどで購入できるし、カートリッジも10個セットのものも1,000円台で購入できます。
ただのオイルポットを使用していると思えば、油を無駄にすること無く繰り返し使えるので、環境にも優しく万が一の排水溝の詰まりを防ぐことが出来ます。

麺類などのゆで汁で使った熱湯

意外に知られていないことに熱湯があり、パスタやラーメンなどをゆでた後のゆで汁や、カップ焼きそばなどを作ったときのお湯をそのまま流しの排水溝に流していませんか?
実はこうやって熱湯を排水溝に流していると、排水管は一般的な塩化ビニールで出来ていて、塩化ビニールは62~72度の温度で軟化するといわれています。
それを知らずに日常的に熱湯を排水溝に流し続けていると、排水管が変形したりする可能性が高く、通常よりも汚れが付着しやすい状況を作ってしまうことになります。
そのため常にお湯を使ったときには、排水溝に水を流す前に水を混ぜて温度を下げてから流すように心がけましょう。

まだ完全には詰まっていない場合の対処法は?

最近なんとなく流れが悪いとはわかっているんだけど、そのうち直るだろうなんてそのまま台所のシンクを利用し続けている人も多いのでは無いでしょうか。
でも多少流れが悪くなっていると言う事は、既に排水管の詰まりが発生していて、そのまま放置しておくと直るどころか、修理するのに大変な費用が掛かってしまうこともあります。
それだけに詰まりが発生していると感じたときには、直ぐに適切な処置を取ることで簡単な処置で詰まりを解消することが出来ます。
排水溝の水の流れが悪い程度の、まだ完全には詰まっていない状態の場合の対処方法としては、家庭用のパイプクリーナーを使用して見ましょう。

パイプクリーナーを使った処置手順は?

①はじめに排水溝のフタを外し、フタの下に入っている大きめの食材カスをためる排水バスケットがあるので、それも外します。

②次に椀トラップと呼ばれるプラスチック製で、水がたまって臭気が上に上がってくるのを防ぐ、お椀を逆さにしたような形状の部品があります。
この椀トラップを反時計回りに回して持ち上げると外れるので、そのまま外しておきます。

③次にトラップの中央の穴にパイプクリーナーを300~500mlほどボトルから直接注いで、その後約1時間ほど放置して、排水パイプの汚れが分解されるのを待ちます。

④時間が経過したら水を使ってパイプの中を流して、最後に逆の手順で戻していけば完了で、この時にしっかりと椀トラップを閉めてトラップに臭気を防ぐための水をためておきましょう。

こう言った作業を定期的に行う事で、排水パイプの中を常にきれいな状態に保つ事が出来るので、そう言った意識を持って手入れを行うようにしましょう。

完全に詰まってしまった場合の対処法は?

台所のシンク下のパイプが完全に詰まった場合は、パイプクリーナーだけで解消するのは難しいために、いくつかの詰まりの解消方法についてご紹介します。

タオルを使って解消しよう!

はじめに紹介する詰まりの解消方法は、これといった道具や薬品が何も無く、とりあえず手短に詰まりを解消したいときに使える方法をご紹介します。
排水溝の排水フタと排水バスケットと椀トラップをすべて外し、排水溝の穴にタオルが入るように細く伸ばし、穴に栓をするようにタオルを差し込みます。
タオルの先端部分はシンクから出しておき、そのままシンクの中にお湯を7割方たまる程度までいっぱいにしておきます。
その後排水溝に差し込んでいたタオルを一気に引き抜くと、シンクにたまったお湯が排水管に勢いよく流れていき、その勢いで詰まりが解消する可能性があります。
これといった道具も無く、軽度の詰まりの時にはぜひこの方法を試してみて下さい。

ラバーカップを使って解消しよう!

次にご紹介する方法としては、トイレの詰まりを解消する道具としてよく知られているラバーカップを使う方法です。
ラバーカップは大抵の家庭に備わっているか、無くてもホームセンターに行けば500~1,000円程度で購入できる手軽な道具です。
使い方は、ラバーカップはカップの上くらいまで水が無いと効果が無いので、予めカップの上くらいまでシンクの中に水をためておきます。
次にカップの部分を排水溝を被うようにぴったりと密着させてゆっくりと押しつけていき、これ以上押しつけれないという所まで押しつけたら、力を入れて一気に引き上げます。
この動作を何回か繰り返していると、水が引き上げられる力によって詰まっている物が吸い上げられたりすることによって、詰まりが解消します。
この方法はラバーカップという手軽な道具で、大きな効果が期待できる詰まりの解消方法のひとつです。
ラバーカップには大きさもいくつかあるので、排水溝のサイズにフィットするタイプを選んで購入するようにすると良いでしょう。

ラバーカップを使ってのつまり解消はこちらをご覧ください。

業務用薬剤ピーピースルーを使って解消しよう!

「パイプ洗浄剤 ピーピースルーF 600g 業務用排水管洗浄剤」

ラバーカップなどの道具は使わないで詰まりを解消したいという方におすすめしたい方法に、業務用薬剤ピーピースルーを使用する方法があります。
使い方は排水溝の排水フタと排水バスケットと椀トラップをすべて外し、バケツにピーピースルーを300グラム入れて900ミリリットルの水を溶かして、排水溝に流し込みます。
ジュウジュウと音を立てて詰まりの原因となっている汚れを分解してくれるので、そのまま5分ほど放置しておくと、詰まった水が引いていけば成功です。
もし1度で水が引かない様なときには、この作業を何度か繰り返してみて、水が引いていくまで繰り返してみましょう。
業務用薬剤ピーピースルーはホームセンターなどではあまり販売しているところも無いために、アマゾンなどの通信販売で購入することをおすすめします。

ワイヤーブラシを使って解消しよう!

ここまで紹介してきた方法でも詰まりが解消しないときには、ホームセンターなどでも手軽に購入できるワイヤー式パイプクリーナーを使用しての詰まり解消法をご紹介します。
まず排水溝の排水フタと排水バスケットと椀トラップをすべて外し、らせん状のヘッドの部分を排水パイプの中に押し込んでいき、これ以上進まないというところが詰まっている所になるので、そこで固定ネジを締めておきます。
クランクハンドルを回して詰まっている部部の汚れにヘッドを絡めて、詰まりを緩めていき汚れが段々とはがれていきます。
そう言った作業を何回か繰り返すことで、排水パイプに付いた汚れや詰まりが取れるので、最後に水を流して詰まりが解消したか確認したら作業完了となります。

それでもダメなときには修理専門業者に相談しよう!

ここまでご紹介してきた解消方法をやってみても症状が改善しないときには、やはり専門の修理業者に依頼するしか方法が無いようです。
専門の業者に依頼すると、使用する道具も家庭用では無く業務用の専門的な機器を駆使して、確実に詰まっている箇所を直してくれます。
修理内容や費用などに不安がある場合には、予め修理業者に相談してみて、口頭で聞くなりおおよその修理代を見積もりしてもらうなどするといいでしょう。

修理専門の業者はどんな作業をして、詰まりを解消してくれるの?

修理専門業者が使用している道具には、軽度の場合はやはりラバーカップやラバーカップよりも5倍の吸引力があるローポンプとよばれる道具を使用しています。
また詰まりを溶かす特殊な業務用の薬品などを使用したり、業務用のワイヤーブラシを使用して詰まりを解消したりしています。
またそう言った道具を使用しても詰まりが解消しないときなどは、排水管に直接を圧力を加えて詰まりを取り除ける高圧洗浄機を使用しての作業を行います。
作業時間も現場の状況によって異なり、10~20分程度の簡単な作業で終了するときもあれば、マンションなどの集合住宅での作業の時など、数時間も掛かる場合もあります。

台所のシンク下のパイプの詰まりを業者に依頼すると、いくらくらいの修理代が掛かるの?

実際に台所のシンク下のパイプの詰まりが発生しても、今まで頼んだことも無い業者に依頼すると、いくらくらいの修理代が掛かるのか不安ですよね。
そんな時の参考になるように、台所のシンク下のパイプの詰まりを業者に依頼したときの目安となる金額をご紹介します。
排水管が詰まった場合、薬品やワイヤーブラシなどの利用によって詰まりが取りのぞけた時は状態としては軽度という判断になります。
軽度の場合の費用は、8,000~12,000ほどの技術料金に、2,000~4,000円ほどの出張料金が加えられ、およそ10,000~16,000円ほどが目安の費用になります。
詰まりの症状が中度から重度になると対処方法も変わり、高圧洗浄機などを使用しての作業となるので、ある程度の時間が必要となってきます。
費用も15,000~20,000円ほどになり、これに出張料金が加えられて17,000~24,000円ほどの費用が掛かります。
これらの料金はすべて一戸建ての住宅の場合で、もしマンションなどの集合住宅で同じようなトラブルが発生すると、費用はさらに高くなってしまいます。
こういった修理代金は現場の状況や作業時間によっても大きく変わり、統一価格のような物がなく業者によっても料金はずいぶんと違ってくるので、ひとつの参考価格にしてみて下さい。

おすすめの水道業者はこちら

当サイトおすすめの水道会社は「水道の緊急トラブル対応【水道修理屋】」です。

おすすめのポイント
・基本料金+作業料のコミコミで7000円~で業界最安値を掲げる

・現地見積もり・出張費・追加請求すべて0円

・年間3万件の実績

・電話連絡から最短15分で駆けつける

・全国が対応エリア

・365日24時間対応可能


水トラブル修理までの流れ

トイレ広告の流れ

最短で15分で駆けつけてくれます。

詳しくはこちらよりどうぞ。

水道の緊急トラブル対応【水道修理屋】の公式サイトを見てみる
トイレ広告

まとめ

台所のシンク下のパイプのつまりの解消方法についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
排水管が詰まるまでにはそれなりの時間もかかるし、詰まりまじめの段階でも流れが悪くなるなどの症状が現れるので、できるだけ早い段階で対処すると簡単に解消できます。
しかし日常的に流してはいけない物を流していたり、詰まりはじめている状態を放置したりしていると、症状も重度化してしまう危険が高くなります。
そんなことにならないように流してはいけない物のルールを守って、排水溝のメンテナンスも定期的に行うように習慣づけていきましょう。



-台所シンクのつまり
-, , , ,