トイレの水漏れ

トイレの止水栓から水漏れするのはなぜ?修理方法や交換費用は?

2018/06/24

トイレ

「トイレの止水栓から水漏れしててどうしたらいいかわからない!」

「トイレの給水管付近から水漏れしてるけど、水漏れの場所が特定できない!」

「止水栓の水の止め方がよくわからない!」

「トイレの止水栓から水漏れした時は、どうやって直せばいいの?」

「止水栓を修理するにはどのくらいの費用が掛かるの?」

「水漏れが自分で直せないときはどうすればいいの?」

「業者に修理を頼むと、どのくらいのお金が掛かるの?」

こんなことであなたはお困りでは無いでしょうか?
トイレの水漏れする可能性はさまざまな場所で予想されますが、特に多いのが長年開けっ放しになっている止水栓のパッキンの劣化にが原因の水漏れは、非常に多くあります。
止水栓その物に限らず、止水栓に接続されている給水管や温水洗浄便座への分岐栓の接続カ所なども考えられるので、止水栓付近だけでもたくさん原因が考えられるところです。
そんな止水栓付近の水漏れが発生したときの、対処方法や修理費用、またこんな状況での水漏れを業者に依頼したときの費用や対応についてご紹介しましょう。

今月のピックアップ水道業者
水道修理隊

【おすすめのポイント】

割引キャンペーン中につきの基本料金2000円~
※期間限定

・出張お見積り無料

・24時間予約受付可

・深夜割増料金ナシ

・土日祝祭日割増料金ナシ

・365日年中無休

詳しくはこちら
↓ ↓ ↓

トイレの修理2,000円~水道修理隊



止水栓とは

システムキッチン・洗面化粧台・トイレなどの給水器具と給水管の間に、水量の調整やメンテナンスを目的手として設けられている水栓のことを言います。
トイレに接続されている場合は、給水管から止水栓が接続され、止水栓からトイレタンクまでもパイプで接続されています。
温水洗浄便座などが取り付けてある場合は、止水栓とトイレタンクの間に分岐栓を取り付けて、温水洗浄便座側へ給水されます。

止水栓の種類は?

トイレに使用されている止水栓は主に3つのタイプが出されています。
1つめは通常の水栓に使われているようなハンドルが取り付けてあるハンドル式で、右に回すことで栓を閉じることが出来ます。

2つめは突起が前に出ていて、その突起のくぼみにマイナスドライバーを入れて使用するドライバータイプで、くぼみにマイナスドライバーを入れて右に回転させると水が止まります。

3つめが突起が無く、くぼみが中にある内ねじ式で、マイナスドライバーを同じようにくぼみに差し込んで右に回すことで、水を止めることが出来ます。

3つのいずれかの止水栓が大抵はトイレタンクへの給水の間に取り付けてあり、万が一の時にタンクへの給水を止めることが出来るようになっています。
最近は止水栓として余り目立たないデザインの内ねじ式が主流となっているようです。

トイレの止水栓から水漏れする原因は?

トイレ

トイレの止水栓からの水漏れの原因として考えられる事としては、止水栓の中のゴムで出来ているパッキンが年が経つにつれて、劣化していきゴムその物が硬くなっていきます。
止水栓は常に開いた状態になっているので、何年も使用しているパッキンが硬くなり割れたりことで、そこから水漏れすることがあります。
また止水栓と接続している給水管やトイレタンクへの接続管などへの接続部のナットの内側に取り付けてあるパッキンも、同様に年が経つと劣化して硬くなり、割れが発生して水漏れの原因となります。
止水栓とトイレタンクへの給水配管との間に、温水洗浄便座などへの給水のために分岐栓を取り付ける場合がありますが、この分岐線の接続部分にもパッキンが入っているので、同様に劣化による原因になる事があります。

トイレの止水栓の水漏れの修理するときに準備する工具は?

トイレの止水栓の水漏れの修理する時には、予め準備しておくと便利な道具がいくつかあります。
例えばウォータープライヤー・マイナスドライバー・モンキーレンチ・タオル・ゴム手袋などがあればベストで、もし無ければ、近くのホームセンターなどでそれほど高価でなく購入することが出来ます。
どこの工具も1つあっても後々何かの機会に利用することも出来るので、今回を機会にして揃えておいても良いでしょう。

トイレの止水栓の水漏れの修理方法

止水栓

それでは止水栓の水漏れの修理方法について見ていきたいと思います。

水が漏れ出ている所をよく確認する

まず正確にどこから水が漏れているのかを確認することからはじめる必要があり、止水栓からの水漏れと思っていたら、実は温水洗浄便座の分岐栓からの水漏れと言う事もあります。
また止水栓に接続されている給水管のナットの中のパッキンの劣化が原因で接続部分から水が漏れることもあります。
水が漏れている部分を良くタオルなどで拭き取ってから、よく確認して正確に水が漏れている所を特定しましょう。

止水栓の給水管の接続部分から漏れている場合

止水栓の給水管の接続部分から漏れている場合は、パッキンの劣化や接続しているナットにゴミや水あかがついたりすると水漏れになります。
止水栓を一旦閉めて給水が止まったことを確認したら、止水栓に接続されているナットをモンキーレンチで回して外し中のパッキンを交換し、ナットの中の汚れをよく落としてから、あらためてナットをモンキーレンチで締め付ければ完了です。

止水栓の水の開閉部より水が漏れている場合

止水栓の給水管の開閉部分から漏れている場合の対応の仕方としては2つの方法があり、1つは止水栓その物を交換してしまう方法と、もう1つは止水栓の開閉部だけを交換する方法です。
止水栓はトイレのタンク側への給水管の交換は良いのですが、壁から出ている水道の元から接続されている給水管は、止水栓を外そうとする時に一緒に力が掛かり折れてしまう危険があります。
そのため簡単にできる方法としてはも止水栓の開閉部のみを交換するほうが無理なく作業が出来ます。
手順としては、水道の元栓をしっかりと閉めて、止水栓本体をウォータープライヤーで固定して、開閉部をモンキーレンチを使って外し、パッキンを交換した後に新しい開閉部と交換して、あらためてモンキーレンチでナットを締め付けます。
もう1つの止水栓自体を交換する手順は、止水栓とトイレタンクの接続部のナットをモンキーレンチで外し、次に壁からつながっている排水管をウォータープライヤーでしっかり固定して、止水栓のナットを回して外します。
止水栓を外したら、配水管側のナットとタンクへの給水管側のナット両方のパッキンを交換して、外したときと同じように固定して、モンキースパナを使って、ナットを締め付けて完了です。

便器のパッキンの交換方法。費用や修理業者に頼んだ時の料金は?

温水洗浄便座の分岐栓から水が漏れている場合

止水栓から水漏れしていると間違えられやすいところに、温水洗浄便座の分岐栓からの水漏れがあります。
分岐栓は止水栓とトイレタンクの給水管の間に取り付ける部品で、水漏れの原因としては取り付けたときの施工不良だったり、接続部分のパッキンの結果などが原因となります。
原因が施工不良の場合は、単純に締め付け不足だったりパッキンを中に入れないでナットを締めてしまったりしたことが考えられ、その場合は一度止水栓を閉めて給水を止めた上で、分岐栓の接続されているナットをモンキーレンチを使って外します。
外した分岐栓のナットをよく確認してパッキンが入っていなければ適正なパッキンを入れて、ナットを締め付けて、パッキンが入っているのなら汚れなどを取り除いた上であらためてナットをしっかりと締め付けましょう。
分岐栓のパッキンの劣化が原因の場合は、同じように止水栓を閉じて給水を止めて、モンキースパナで分岐栓のナットを外して、ナットの中を良く掃除して新しいパッキンを入れて、モンキースパナでしっかりとナットを締め付ければ完了です。

止水栓・止水栓開閉部・パッキン・分岐栓などの交換部品の値段は?

トイレ

止水栓自体の価格はホームセンターなどの価格ではタイプによって違いがありますが、およそ2,000~5,000円程度で購入できます。
止水栓開閉部だけなら1,000~2,000円ほどで購入できて、パッキンは100~200円ほどで購入できます。
分岐栓は元々温水洗浄便座の部品として出されているので、購入するときは温水洗浄便座のメーカーに依頼して購入することになります。
価格については、おおよそ3,000~6,000円ほどになつています。

水道業者に頼んだ場合の修理費用は?

どこから漏れているのか特定できなかったり、止水栓を外すのに配水管を壊してしまいそうで、交換する自信が無いようなときは、迷わず業者に依頼して修理してもらいましょう。
無理に自分で修理しようとして、余計な修理代が掛かっても困るので、そんな時は水道会社・設備会社などの専門的な技術を持った業者に依頼するのが無難です。

交換した場合の費用は?

止水栓を交換した場合の費用は、技術料7,000~12,000円、部品代3,000~6,000円、出張料2,000~4,000円ほどが一般的に業者に修理を依頼したときにかかる費用となります。
実際に調べてもらうと、止水栓からの水漏れと思っていたのに違う部分から水漏れしていたりすると、また違った料金になる場合もあります。
やはり料金がいくら掛かるのか気になるときには、電話で依頼するときにいくらくらい掛かるのか目安の金額を参考に聞いてみてから、依頼するようにしましょう。

おすすめの水道業者はこちら


当サイトおすすめの水道会社は「スマイル水道サービス」です。

おすすめのポイント
業界最安値の基本料金1000円

・他社見積もりより高い場合は更に値引き

・現地見積りが無料で見積もり後のキャンセルも無料

・支払いは後日対応も可能

・対応エリアは東京、埼玉、神奈川、千葉

・365日年中無休、即日対応

 

水トラブル修理までの流れ


トラブル解決流れ1

最短で30分で駆けつけてくれます。

詳しくはこちらよりどうぞ。

スマイル水道サービス

スマイル水道サービス  

さいごに

止水栓からの水漏れは、トイレ周辺の水盛りのトラブルでも良くあるケースで、技術的にはそれほど難しくなく交換も出来るところで、部品もホームセンターなどで手に入りやすく、自分で修理に挑戦してみても良いでしょう。
業者を頼むよりはかなり安くなる止水栓の修理だけに、今回のご紹介した内容をよく読んで参考にしてみて、止水栓の水漏れの修理に取り組んでみてはいかがですか。



-トイレの水漏れ
-, ,